株式会社西原ネオ - recruiting site -株式会社西原ネオ - recruiting site -

新卒採用情報
キャリア採用情報

page top

社員紹介

大屋雅英

大屋雅英

Masahide Oya

入社年 平成元年
職種 技術職 水質管理部長
出身県・市 神奈川県藤沢市
出身学部 衛生学部 産業衛生学科
会社の同僚
との話題
仕事のこと、息子のこと
休日の過ごし方 読書、音楽活動

技術を大切にする会社

排水処理施設の水質管理をしています。排水処理の手法の一つに、微生物による処理があるのですが、微生物も生き物なのでペットを飼うのと同じように世話をして管理することが必要となります。状態の悪い排水の水質をどのように整えれば微生物が適応できるのか、日々研究しています。
西原ネオは、この微生物による排水処理技術に強みがあり、様々なノウハウを持っています。
やはり技術力がないと業界での生き残りは難しく、会社全体で技術を大切にしています。

堅実で真面目な社風

堅実で真面目な社風
私が就職活動をしたのは、ちょうどバブルの真っただ中でした。当時は最大の売り手市場と言われ、どの会社も内定者の囲い込みに必死。会社とは関係のないイベントが数多く開催され、少しうんざりしていました。
そんな中、教授からのすすめで西原ネオと出会いました。他の会社のような食事会などは一切なく、面接でも役員の方が丁寧に会社のことを説明してくださり、堅実で真面目な会社だということがよく伝わってきました。自分にはそのような会社が合うと思い、入社を決めました。
適正を見極めた上での配属
入社してすぐ、技術開発部に配属されました。そこで10年間浄化槽の開発に携わり、仕事の基礎を学びました。その後何度か部署を異動し、設計の仕事や営業企画、生産管理や品質管理といった仕事も経験しました。個人の希望や適性を見極めた上で色々な部署を経験させてもらえるので、幅広い視野を身につけることが出来たと感じています。
今後は自分が先輩方からしてもらったように、自分の培ってきた技術や経験・知識を後輩たちに伝えていきたいと考え、最近は社内研修の講師にも力を入れています。

適正を見極めた上での配属

1日のスケジュール

8:20 出社。メールチェックをします。
業務開始が9時なので、いつも40分前には出社してメールチェックし返答したり、今日1日のスケジュール確認をします。
9:30 実験場へ向かう準備の最終チェックをします。
行う実験を頭に思い浮かべ、必要なことはメモをして持っていきます。
10:00 実験場へ
徒歩で実験場へ向かいます。実験場についたらその日おこなう実験の準備を行います。
12:00 昼食。
昼食は同僚と一緒に近くのお店に食べに行ったり、自分ひとりで食べたりします。昼食後は昼寝をしたり、インターネットでよくニュースを見ています。
13:00 実験
分析・検鏡などその日のデータ取りをおこないます。
17:00 帰社。議事録を作成、進捗ミーティング。
取得したデータの整理を行い、必要に応じて報告書を作成します。
18:30 退社
実験の内容によっては、退社する時間が遅くなることもありますが、概ねこの時間の前後に退社します。